Top > シミ > 30代から出始めてくる

30代から出始めてくる

シミのもとは表皮の奥で作られたメラニンで、紫外線から体を守るため黒色のメラニンにより肌ガードするのが日焼けのメカニズムとなっています。日焼け後本来ターンオーバーにより黒い皮膚細胞排出されて、子供の時夏に日焼けしても冬は色白になったと嘆いてる人も多いでしょう。子供は皮膚の新陳代謝活発なので季節ごと肌が総入れ替えしてきれいになっていたのです。ですが老化でターンオーバー滞ればできたメラニンが排出されないで沈着して、シミとして肌に残ります。シミは30歳ぐらいから気になってしまう方が大半ですが、肌質、環境で10代からで始める方がいます。ターンオーバーの乱れ要因としては紫外線、化膿したニキビ跡、傷など皮膚の損傷、不健康な生活習慣です。気につに見えてくる肌は実際部分によりターンオーバーの能力に差があります。紫外線、シフの損傷によるダメージは一度治ったように見えても皮膚の奥を気付つけていて、そこだけがメラニンを排出できなくなることが多いです。

ロスミンリペアクリームホワイトの評判・口コミ!効果、副作用、成分は?

シミ

関連エントリー